さらさら日誌

〜サトウアキのハタオリ仕事〜
糸を草木で染め、布を織っています。
制作のこと。日常のことをすこし。
さらさらながれていく日々のことを書きとめています。

<展示の予定>
2014年
8月 企画展参加 (東京)
        
ENTRY | COMMENT / TB | CATEGORY | LOG | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS | ×
LATEST ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
PROFILE
RECOMMEND
CALENDAR
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVE
SEARCH THIS SITE.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
藍色色展
 10月1日から始まる、奈良の箱本館「紺屋」さんでの
企画展示のお知らせです。

箱本館さんの染められた藍布を、
普段制作しているものに取りいれて作品をつくるという
企画です。

『藍色色展』

平成25年10月1日(火)〜31日(木)9:00〜17:00
月曜休館(14日は開館、15日休館)
入館料 大人300円・小中学生100円(12日〜14日は無料)

出展作家紹介は、こちらです。→
場所: 箱本館紺屋 →  
    奈良県大和郡山市紺屋町19-1

会期中イベント:
「ひと箱マーケット」
日にち:10月12日(土)〜14日(月・祝)
  *上記3日間は、入館無料。

『藍色色展』の参加者の作り手の方たち(一部)が普段から作られてるものが、ひと箱ずつ並びます。
また、「ひと箱マーケット」の日には、日替わりでたべものの出張販売もあります。
  *たべもの出張販売は、10:00〜15:00となります。
  *マイバッグや保冷バッグご持参のご協力をお願いします。

「藍染めワークショップ」
●10/6(日)13:00〜16:00 親子向けフォトアルバム作り
●10/20(日)13:00〜16:00 絞りと型染めのタペストリー作り





 この企画のお話をいただいた時は、
私にできるんだろうか。。。と正直とまどいました。
でも、藍の色は大好き!!藍染めに興味津々!私には、染められない色!
ということで、藍の色と関わってみたい気持ちから
参加させてもらうことにしました。

そして、箱本館さんから、
「藍の色を楽しんで制作してください」というメッセージとともに
送られてきた濃淡2枚の約50センチ四方の藍染めの綿布。
藍の、独特な深み、色のチカラ、すごい!!って思いました。
本当に美しい色だと感じました。

何を作ろうか迷いましたが、インテリアにもなり、実用性もあるものがいいなと思い、
クッションのカタチにしました。
余り布で、長細テーブルランナーも作りました。
自分の織り仕事としてクッションを制作するなら、素材感から考え
きっと綿・麻の糸を選びます。
でも今回は、普段メインで制作している絹の布地をぜひ藍色と
組み合わせてみたいと思い、クッション用にしっかりめに絹糸で織りあげ
パッチワークしました。
組み合わせてみると、思った以上に、ハデハデ?!な仕上りとなりましたが、
質感、色、手にとってご覧いただけたら、うれしいです。
ちなみに、裏面の布は綿で既製品ですが、たまねぎの外皮でこっくりとしたカーキ色に
染めました。なかなかの引き立て役となっているかと思います。





他の参加されてる作家さんも、気になるお方が多く
充実な展示となってるようです。私も見に行くのが楽しみです!

(箱本館さんから、藍染め布について頂いた資料はこちらです↓)

箱本館「紺屋」の藍は、江戸時代から伝わる「天然灰汁発酵建て」という
方法で
染液を仕込んでいます。

藍の染料は「スクモ」と言い、タデ藍の葉を乾燥させた後、
100日間発酵させたもので、

藍師という職人が栽培から約一年かけて作られています。

染液は、スクモの他に、灰汁(木の灰に熱湯を注いだ上澄み液)、日本酒、
小麦ふすま、
石灰を用い、約3〜5日かけて仕込んでいる間にも
発酵が始まり、その発酵を安定させる
ために一週間ほどしてから染めます。

このようにして昔ながらの方法で仕込むことで、
藍の色の美しさを追求しています。

さらに、古来より藍で染められたものには、防虫、消臭、抗菌などの
効果もあるとされ、
肌にやさしく、あせも、皮膚炎にも良いと
言われています。

そのため、衣服や肌着などに重宝されていました。

薬品などを使っていないので、環境や染める人、身につける人にも
気持ちの良いものです。



藍ってやっぱりすごい!!
藍の色が生まれるまでの時間を想うと、ほんとにいとおしい色ですね。。。

皆々さま、ぜひぜひ藍色色展にお越しください。
23:00 | お知らせ。 | comments(0) | trackbacks(0) | author : サトウアキ
スポンサーサイト
23:00 | - | - | - | author : スポンサードリンク
COMMENT








TRACKBACK
TRACKBACK URL : http://hataorilife.jugem.jp/trackback/108
<< NEW | TOP | OLD >>