さらさら日誌

〜サトウアキのハタオリ仕事〜
糸を草木で染め、布を織っています。
制作のこと。日常のことをすこし。
さらさらながれていく日々のことを書きとめています。

<展示の予定>
2014年
8月 企画展参加 (東京)
        
ENTRY | COMMENT / TB | CATEGORY | LOG | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS | ×
LATEST ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
PROFILE
RECOMMEND
CALENDAR
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVE
SEARCH THIS SITE.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
織りあがりと読みおわり。

今日は、一日雨降り。
すこしだけ涼しく、
これから続く猛暑な日々への小休止的な日。
雨音が、いつになくここちよい。




織り上がり。
ぱりっとしてます。
ストールになる布。
これから、房をつくって、経糸のおかしいところを直したら
水通しします。
経・緯の糸がなじんで、ようやくしなやかな布になります。





夜寝る前の楽しみにして、すこしづつ読んでいた小説、
読み終わって、結末のほのぼの感と
終わってしまったさみしさと。。。

「小さな男 静かな声」 吉田篤弘

百貨店の寝具売り場で働きながら、百科事典を執筆している小さな男と
ラジオのパーソナリティーで深夜一時からの番組「静かな声」を放送している静香のお話。
ふたりの暮らす日常風景が交互にゆっくりと進んで行きます。
びっくりするようなことは、起こりませんが、それぞれの章のテーマとなっているような
言葉がいいんです。
しみじみ、自転車の遠乗り、古詩集屋、点燈夫、などなど。。
ただただ、ここで並べてみても、ふーんって感じかもしれませんが。
おすすめの一冊です。

話はすこし変わりますが、
私も自転車の遠乗り、したことあります。
東京に住んでた頃、福島の祖母の家まで
ママチャリで遠乗りしました。二日間かけて。
帰りは海沿いをのんびりと走って、三日かかりました。
道中、駐在所で道を聞いたら、家出じゃないよね?!って不審がられるくらい
若い頃のことです。
特に目的があったわけではないですが、
真夏の太陽がぎらぎらしてる中、
自転車で、山や街を越えて行く爽快感や達成感、
今となっては、良い思い出です。何かに挑みたい年頃でしたー。
でも、日焼け対策ちゃんとしておけばよかったー。。。

23:49 | 日々の制作。 | comments(0) | trackbacks(0) | author : サトウアキ
スポンサーサイト
23:49 | - | - | - | author : スポンサードリンク
COMMENT








TRACKBACK
TRACKBACK URL : http://hataorilife.jugem.jp/trackback/101
<< NEW | TOP | OLD >>